注文住宅の購入を考えている方必見!土地の購入を決断するタイミングとは

 最終更新日:2023/09/21

タイミング

桐生市で注文住宅の購入を考えていませんか?注文住宅の購入前に、土地探しをして、土地を購入する必要があります。良い土地が見つかってもなかなか購入まで踏み切れないかもしれません。そこで本記事では、土地の購入を決断するタイミングについて紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

そもそも土地探しにかかる時間はどれくらい?

土地探しにかかる時間はさまざまですが、大体4~12ヶ月です。4カ月もかからず土地が見つかって購入するケースもあれば、1年以上かかるケースもあります。広さや地域の土地条件次第では、2年以上かかる場合も珍しくありません。

ただ、長い期間をかけて土地を探していると、探している間に住宅建築コストの上昇、住宅ローンの金利が変動する可能性もあります。ある程度、譲れない部分はそのまま、妥協できる部分は妥協しながら区切りをつけることが大切です。

土地探しをスムーズに進める方法

そこで、土地探しがスムーズにいく方法を紹介します。まずは、住みたい土地の条件を決めましょう。子どもが将来、通う予定の学区・駅近・駐車スペースの確保・実家からの距離など、条件は人によってさまざまです。1~3ヶ月程度で条件を絞り、決めましょう。つぎに、土地探しです。

土地探しには3~8ヶ月かかる人がほとんどです。土地購入を仲介してくれる業者を決めることも大切です。1~2ヶ月程度で決めましょう。探している条件に合った土地を見つけてからは、土地の売買契約、建物の建築請負契約、工事、完成、引き渡しといった流れで進んでいきます。

結局のところ、土地の購入にどのくらい時間がかかるかは条件や状況、ご縁によってさまざまなので、焦って妥協しすぎないように気を付けてください。注文住宅のプランニングと一緒に土地探しと並行して進めれば、土地探しの条件や予算も明確になります。また、土地契約後の建築請負契約もスムーズです。

土地の購入に必要な「決断力」とは?

土地の購入は高額な買い物で、一生住む場所になるので、誰もが土地探しに慎重になります。土地は、どれだけ探しても見つからなかったのに、突然条件に合っている良い情報が出てくることもあり、土地探しはタイミングです。

急に出てきた土地で良いのか、と不安になるのも仕方ありませんが、良い土地は先着順で売れていきます。気になる土地が出てきたら、まずは不動産会社に購入意思を伝えることが大切です。土地の購入の決断は難しいものです。そこで、土地の購入に必要な決断力とは一体どのようなものなのでしょうか。

優先順位を明確に

まずは、土地の希望条件を書き出し、優先順位を付けておきましょう。絶対に譲れない条件以外は、時には妥協も必要になります。100%希望通りの土地は見つかりません。購入ラインは80%程度、希望通りの土地だった場合は購入すべきです。

譲れる条件、工夫次第ではクリアできるのではないか検討してみても良いでしょう。自分たちが良いと思った土地は、大体、他の人も良いと思っています。80%程度、希望に合っている土地を見つけたら、もう少し他を探してみたり、待ってみようとせず、すぐに決定するべきです。

期間を決める

土地の購入は高額で、もしかしたらもっと希望に合っている土地が出てくるかも、なんて思うと決断できません。その考えだと、いつまでも土地の購入に踏み切れませんよね。そこで、土地探しにも期間を決めてみると決断しやすいです。

子どもが小学生に入学するまでに家を建てたい、何歳までに家を購入したい、子どもが歩き始めるまでに家に引っ越したい、といった明確な希望があると期間が決めやすいのではないでしょうか。

借入金額を決める

つぎに、資金計画をたててみて、月々の返済額を決めましょう。銀行からの借入金額を逆算しておけば、払える限度額がわかるはずです。問題なく払える、条件がある程度希望通りの土地があれば、購入する決断力も出てきます。

土地の予算を決める

借入金額を決めることと少し似ていますが、注文住宅を購入する際には、建物の金額と土地の金額を払う必要があります。土地探しを始める前に、自分たちが土地と建物それぞれにかけられる予算を把握しておくことが大切です。

予算から建物にかかる費用を引けば、土地にかけられる金額がわかるので、先に希望の建物の予算を聞いておくことも1つの手です。

まとめ

注文住宅を建てる際に、土地の購入は付き物です。土地探しは4~12ヶ月かかると言われていますが、実際にはタイミング次第ではすぐに決まる場合、1年以上決まらないこともあります。土地は希望に100%合う場所は見つかりません。

80%程度、希望に沿っている場合は決定して良いでしょう。土地は先着順です。自分が良いと思っている土地は他の人も良いと思っているので、決断力が必要となります。土地を購入する期間・予算・借入金額を決めておくと、決断力も上がります。

また、土地探しと一緒に建物にかかる費用も計算しておくと、土地にかけられる金額がわかったり、土地の購入や契約までスムーズです。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

住宅にはそれぞれ寿命があり、寿命をどう理解し、どのように長く住み続けるかは、多くの家主にとって重要な問題です。この記事では、木造、鉄骨、鉄筋コンクリートの各住宅タイプの寿命を解説し、日常のメ
続きを読む
家を建てる際の選択肢として、二世帯住宅を検討する方もいるでしょう。二世帯住宅にすれば、親とも一緒に住めるため、子供が生まれた際には、面倒を見てもらいやすく、逆に親が高齢となった際にも介護しや
続きを読む
桐生市で注文住宅の購入を考えていませんか?注文住宅の購入前に、土地探しをして、土地を購入する必要があります。良い土地が見つかってもなかなか購入まで踏み切れないかもしれません。そこで本記事では
続きを読む